[ 代表(だいひょう)挨拶(あいさつ) ]


2016年(ねん)1月(がつ)
札幌(さっぽろ)遠友塾(えんゆうじゅく)自主(じしゅ)夜間(やかん)中学(ちゅうがく)
代表(だいひょう) 遠藤(えんどう)知恵子(ちえこ)

今日(こんにち)の複雑(ふくざつ)化(か)した社会(しゃかい)を生(い)き抜(ぬ)くには基礎(きそ)的(てき)学(まな)びが不可欠(ふかけつ)です。日々(ひび)の生活(せいかつ)に不可欠(ふかけつ)なその学(まな)びの機会(きかい)を得(え)られずに苦労(くろう)し、学(まな)びの機会(きかい)を求(もと)めている人(ひと)が少(すく)なからずいることと思(おも)われます。札幌(さっぽろ)遠友(えんゆう)塾(じゅく)はそのような人々(ひとびと)に学習(がくしゅう)の機会(きかい)を提供(ていきょう)しようと1990年(ねん)に立(た)ち上(あ)げられたボランティア組織(そしき)です。
札幌(さっぽろ)遠友(えんゆう)塾(じゅく)にたどり着(つ)いた受講(じゅこう)生(せい)さんたちは、一様(いちよう)に居場所(いばしょ)を発見(はっけん)した安堵(あんど)感(かん)と喜(よろこ)びにあふれ、学(まな)びを支援(しえん)するスタッフも受講(じゅこう)生(せい)さんの体験(たいけん)から学(まな)んだり共(とも)に詩(し)を鑑賞(かんしょう)することで心(こころ)豊(ゆた)かになったりなど、お互(たが)い交流(こうりゅう)から多(おお)くを得(え)ています。遠友(えんゆう)塾(じゅく)には(双方そうほう)が学(まな)び合(あ)う関係(かんけい)が成(な)り立(た)っており、学(まな)びの原点(げんてん)を見(み)る思(おも)いです。
設立(せつりつ)から25年(ねん)余(あま)り、このような自主(じしゅ)夜間(やかん)中学(ちゅうがく)は、札幌(さっぽろ)を含(ふく)め、旭川(あさひかわ)、釧路(くしろ)、函館(はこだて)と4カ所(かしょ)に広(ひろが)りました。憲法(けんぽう)でも保障(ほしょう)されているこのような学(まな)びの機会(きかい)(義務(ぎむ)教育(きょういく)=生存(せいぞん)権(けん)としての学習(がくしゅう)権(けん))の大切(たいせつ)さが認識(にんしき)され、国(くに)レベルでも、昨年(さくねん)各(かく県(けん)に少(すく)なくとも1校(こう)は公立(こうりつ)の夜間(やかん)中学(ちゅうがく)をつくるという方針(ほうしん)が出(だ)され「義務(ぎむ)教育(きょういく)に相当(そうとう)する普通(ふつう)教育(きょういく)の多様(たよう)な機会(きかい)の確保(かくほ)に関(かん)する法律(ほうりつ)案(あん)」の検討(けんとう)が進(すす)められています。基礎(きそ)的(てき)学(まな)びを求(もと)める人(ひと)が、ひとりでも多(おお)く学(まな)びの場(ばが得(え)られるよう、札幌(さっぽろ)遠友(えんゆう)塾(じゅく)としてもこれまでの経験(けいけん)を生(い)かしつつ努力(どりょく)していきたいと思(おも)っています。


最初(さいしょ)にもどる
(C)札幌遠友塾自主夜間中学